カート
ユーザー
絞り込む
商品カテゴリー
サポートコンテンツ
コンテンツ
MPC施工(ラフコート) 25キロ/袋
MPC レギュラーパウダー(ホワイト)
8,850円(税込9,735円)
購入数

MPC レギュラーパウダー(ホワイト)
8,850円(税込9,735円)
MPC(マイクロトッピング)
1mmに満たない薄い層を重ねて仕上げる床デザインコンクリートに使用します。
スムーズパウダーの前に骨材のあるラフコートとして使用します。
専用のMPCポリマーとミックスさせて使用します。

MIX UNIT
MPCポリマー 5ガロン : MPC レギュラーパウダー2袋

施工範囲(0.79mm厚の場合)
1層コート:45
2層コート:22.5
3層コート:10.5

下地状態が悪く、剥がれ、凹凸など荒れている場合は
RM2 補修モルタルにて
下地の補修・調整をした後にレギュラーパウダーにて施工をしてください。

↓施工方法はコチラ

〜MPCを使ってカウンターを作ろう!〜

↓はこのMPCというコンクリートの材料を使用して作成しました(^^)
この材料はクレジットカードほどの薄さでコンクリートでコーティングをする材料です(^^)

このような雰囲気がお好きな方は多いのではないでしょうか?




このコンクリート天板も、元はただの合板です。

ホームセンターに沢山売っているあの板です。


板をここまでお化粧できる材料を扱っているのは

もしかしたらカントリーベースだけなのではないでしょうかね^^



さっそく、作り方です。



,泙困蝋臠弔縫廛薀ぅ沺爾鯏匹蠅泙后(接着剤の役割もありますが、灰汁止めにもなります)



▲ントリーベースで扱っている「Sto(スト)」のベースコートとスタンダードメッシュで下地を作ります。

塗り付けの厚みは2mmを目安にし、ベースコートをふせこみます。

仕上がりの厚みは1.5mmです。 完全乾燥→再度プライマーを塗布





いよいよネタ作りです(^^)

まずは、MPCポリマー半缶に対して、MPCレギュラーパウダーを混ぜよく撹拌します(^^)

そして、ネタを塗る前にスプレーで水を撒き、その上からネタを塗ります。薄く伸ばしていきます。

↓水を撒いています。



↓レギュラー塗り




このネタは、骨材が入っており不陸の調整を行います。 (下地の状態が悪い場合は別途ご連絡下さいませ・・)


ぁ´の工程で残ったMPCポリマー(半缶)とMPCスムースパウダーを撹拌し

レギュラーの上から2重ねます。

一層目は素地の色(完全乾燥させる)

その後、カラーパックのグレーを混ぜ、二層目を塗ります。(完全乾燥させる)




ゥ好潺好ラーのブラックで汚し、乾燥後トップコートをかけて完成です(^^)







木をコンクリートにできるなんて知っていましたか?

新築はもちろん、リフォームの新しい可能性ですよね(^^)


是非ご使用下さいませ(^^)
この商品を購入する

おすすめの商品

お問い合わせ

ご質問、資料請求、見積もり、
社内ツアーなどについては
お電話もしくはフォームより
お願いいたします。